美容師の仕事

美容師の一日は忙しい

美容師の仕事はとにかく休みが少ないのが無いのが特徴です。勤める店舗によっても異なりますが一般的な会社員のような仕事とは時間の流れが違います。
美容師の1日をチェックすると休みなく働いているのが分かります。まず朝7時にお店に来たら清掃を始めて開店の準備をします。
時間があればカットの練習をします。9時頃になると開店をして夜の9時まで休みなく働きます。その間の休憩時間も殆どない状態です。

お昼に食事休憩が入りますがご飯を食べるだけですぐに戻ります。9時に閉店をしたら清掃をします。店長クラスであれば事務的な作業をします。
アシスタントは夜中まで練習をしますしスタイリストも練習のサポートをします。休みの日は講習会に参加したりと美容師としてのスキルを身につける日々です。
会社員は年間で120日程度の休みをもらう事ができますが美容師だと60日程度の休みになる人も少なくありません。

サービス業なので土日は働いています。周りの友人はカレンダー通りの休みが多いので休みの日程が合わないので友人と疎遠になってしまう事もあります。
休みも少ないのでストイックに美容師として生活する日々になります。アシスタントの頃は雑務が多いので美容師として達成感を感じる事は少ないです。
どれだけ美容師としてスキルを磨いたりチャレンジする好奇心が高くないと心が折れてしまう可能性があります。

専門学校を卒業してどこの店舗に就業するかは大きな転換点になる可能性があります。店舗によって休みも変わりますし教育の環境も異なります。
独立を考えているのであれば、そういった環境を整えてくれる人との出会いも大きいです。

美容師の魅力

美容師の仕事はハードワークです。離職率の高く長く勤める方は少ないです。それでも美容師の仕事には魅力が沢山あります。
美容師の仕事はサービス業ですが飲食や接客業とは異なり、お客さんの印象を大きく変えて満足してもらえる事が大きいです。
人は印象の変化で大きく変わることがあります。相手に対しての印象も変わりますが自分自身の気持ちも大きく変化します。

美容師には外見を変えるスキルもありますが、お客さんの気持ちも大きく変えるスキルがあります。
そういった経験ができるのでお客さんの希望にそえるスタイリングが出来た時の感動は大きいです。結婚式などのスタイリングにも関わる事があるので感動を提供するサービスです。
感覚的な部分なので答えがない部分ではあります。そういった環境が馴染めない人にはストレスになるかもしれませんが探求し続ける楽しみもあります。

カットもシャンプーもシンプルなサービスも満足してもらう為の答えはないので日々の探求が楽しみでもあります。
スキルや探究心が認められるとリピーターになってくれる事もあります。
美容師のキャリアアップを目指すなら自分の店を持つ事になるのでリピーターを増やしていければ、独立の可能性も増えてきます。

美容師としてスタートしたばかりだとアシスタントとしての日々が続きますし社会保障も充実していないので将来への不安から20代で辞めてしまう方も少なくありません。
ただお客さんが喜んでくれる感動もあり、美容師でなければ得られない感動も大きいです。