デザイナーの仕事

アパレルとクチュールの違い

ファッションデザイナーの仕事は様々ありますが大きく分けるとアパレルの会社に勤めるか、クチュールの仕事をするかに分かれます。
クチュールとは既製品ではなくオーダーメイドの服を作る会社で芸術性や技術が優れた服を作品として提供している会社です。
ファッションショーなどでクチュールを作っている所は少ないですが世界的にも有名なブランドが多く、ファッションデザイナーとして仕事をするのであれば目指したい所です。

オートクチュールという言葉もありますが、クチュールとは意味合いが少し違います。オートクチュールとはパリ・クチュール協会に加盟しているブランドだけが名乗る事ができます。
特定の顧客の為に作ったものでもオートクチュールとクチュールでは違いがあります。最近では顧客数の減少によりオートクチュールの参加ブランドも減少しています。

クチュールより格は下がってしまいますがプレタポルテが現在では主流になっています。
プレタポルテはデザインを発表して、そのデザインのパターンを既製品として大量に生産できるものです。コレクションなどで発表されるのはプレタポルテが主流です。
プレタポルテなどのデザインをアパレルメーカーが生産する流れになっています。アパレルメーカーで働く場合は大量生産する服をデザインする仕事に関わります。

服飾学校からデザイナーになる

芸術的でコレクションで発表するようなファッションデザイナーでも数は少なく、ほとんどはアパレルメーカーで会社員として働くのが一般的です。
アパレルメーカーでデザインに関わることができる就職口も狭き門なので学生の時に、どれだけ就職をする為に何をしなければいけないかをイメージすることが大切です。

アパレル関連の会社に就職すると担当が細分化されています。会社に規模でも変わってきますが大手だとマーケティングや縫製者と分担されています。
学校での知識を活かすことはできますが、どちらかというと会社員としてチームで服を作っていきます。

ショップ店員を目指して服飾の学校を目指しているのであれば、正直オススメはできません。専門的な知識は持っていた方が良いですがあまり活用ができません。
パタンナーのように職人のような技術を身につけたいのであれば服飾の専門学校はオススメです。

ファッションデザイナーの場合、社会的に評価されれば独立してフリーで活躍することもできますが、活躍できる人は限られています。
また活躍ができても長く愛されるブランドとして続けていくのも難しく、会社員のように社会的に保証されてもいません。
ファッションデザイナーとして活躍を目指すなら在学中からコンペなどでアピールして社会的な評価をどれだけ得る事ができるかチャレンジする事が大切です。