デザイナーの適性

デザイナーの勉強

ファッションデザイナーの仕事はあこがれの職業です。仕事をしてみたいけど具体的にどのようなステップを踏めば仕事に就くことができるかは想像が難しいです。
ファッション関連の専門学校は沢山ありますし、それぞれの専門学校で有名なデザイナーを輩出しているのもパンフレットで見ます。
専門学校に通ったからと言ってファッションデザイナーに全員なれる訳ではありません。就職口も少ないので学校に通って何を学ぶかが大切です。

ファッションデザイナーとして働くために必要な勉強は大きく分けるとセンスとテクニックです。
テキスタイルなど職人的なテクニックを身につけたり服飾に関する知識や技術を習得していきます。誰でもできるような基礎的なテクニックも大切です。

センスを磨くのは様々なファッションに関する知識を勉強したり最新のトレンドなども大切になってきます。学生の時は芸術的な感性を磨いていくと良いです。
ファッション以外のアートやデザインなども勉強すると良いです。実際にファッション関連の専門学校に通ってない人もファッションデザイナーに転身した方もいます。

センスを磨いていって、そのセンスを具現化するためのテクニックを習得していけば個性の強い作品になっていきます。
大切なのは強い個性を周りに認めてもらうことです。学校の講師だったり、友人などにアピールしていくことが大切です。
一番分かりやすいのがコンペに参加して作品を評価してもらうことです。個性を認めてもらい一定の評価を貰えなければ仕事に繋げることが難しいです。

デザイナーに求められるもの

ファッションデザイナーの仕事はビジネス的な要素もありますが表現をすることが仕事になります。
表現の仕事は抽象的な部分が多いです。論理的な部分も必要ではありますが漠然としたアイデアを具現化していくので抽象的なものを形にしていく仕事です。

言葉や文章で説明するよりもアイデアが浮かんだときにビジュアルで完成系がイメージできて、その完成系の通りに具現化することが大切です。
具現化するにはテクニックも必要になりますが、理想的なゴールに向かって作品を作っていく情熱も必要になります。

例えば作品のテーマがあって、そのテーマに対して100%要望に応えられるような作品を作ることができかがポイントになります。
ファッションデザイナーの仕事は一人では出来ません。チームで作品を作っていきますのでコミュニケーション能力も大切になります。

相手の要望を理解して形にしたり、自分のアイデアをしっかりと伝えることが出来なければチームとして作品を作ることが難しいです。
コミュニケーションが上手くできなければ理想的な作品を作ることも出来ませんし、せっかくの良いアイデアを持っていても形に出来なければ意味がありません。