デザイナーに必要な資格やスキル

■指定されるものは無いけれど、取得しておきたい資格は多岐に渡る

デザイナーとして働いていくために、特に必須と言われているような資格はありません。

デザイン学校を卒業していることや、その他デザインを手がける会社で実務経験があることなどが優遇されますが、自分自身がデザイナーとして活躍していきたいと思っているのであれば、ある程度持っておいた方が良い資格やスキルがあります。

まず、カラーリングに関しての資格においては、複数所持している方が仕事には役立てられるので、色彩検定等は受験した上で認定証を所持している方が良いでしょう。

それぞれの色がどんな影響を与えるかと言う部分や、色の組み合わせについての知識を持っていなければデザインをするのも難しくなってしまいます。

色彩検定にも様々な種類がありますので、自由に選んで取得することが大切ですが、できるだけ多くの検定試験など受けて認定証があった方が大手メーカーなどでは優遇されやすい傾向にあります。

その他商品のデザインだけではなく、商品を宣伝するための広告やロゴなどもデザインすることを考えれば、レタリングやPOP広告に関する特化したスキルを持っておく事も大切です。

近年ではからコーディネーターの試験を受ける人なども多くなっており、それだけデザインに興味を持っている人が増えていることがわかります。

■ネットを通じたデザインもある

アパレル関係ではなく、インターネットを通じてデザインの仕事をしていきたい場合には、Webデザイナーとしての資格やその他パソコンに関しての資格も持っておくと重宝します。

インテリアのデザインも手がける場合には、民間資格であるインテリアコーディネーターの取得をしておくと良いでしょう。

インテリアコーディネーターはデザインそのものだけではなく、インテリアが与える精神的な影響や全体的な配置バランスなどを考えていきますので、大手住宅メーカーなどでも重宝する資格となっています。

スキルに関してはまず自己アピールをしていくと言う部分が最も重要になり、自分がデザインしたものを幅広く普及させていくための宣伝力も身につけておくと良いでしょう。

自分がデザインした商品を個人的に販売していきたい場合には、当然人気が出るように商品を売り込んでいく営業力も必要になります。

この他特に必要な資格やスキルなどはありませんが、どのようなデザインを手がけるのかによって取得する資格などを考えていくようにしましょう。

小物のデザインを手がけていくのであれば、さらに車に関しての近くなどを持っておくとアロマの効果と色彩に関する効果によって新しいアイテムのデザインを考えたりすることもできるようになります。