ユニバレ・ユニ被りについて

■被ってもセンスが良ければ気にしない

働いている先が私服勤務OKな場合には、毎日の着回しを考えなければなりませんので、一つ一つのアイテムにコストをかけるのが厳しいと言う人もいます。

そのため比較的リーズナブルなアイテムを増しながら仕事に出かけることになりますが、ここで選ばれる商品として、最も多いのはユニクロの商品になります。

もちろん私服勤務をしている人であれば、同じように考えるものですから、俗に言うユニバレやユニ被りが生じ、自分が着用しているものと色違いのものを着ている人や、まったく同じもので被ってしまったなどということもあります。

ユニクロの商品はシンプルなので、オフィスワークに向いていて、選ぶ人が多いので被ってしまうのは仕方がないでしょう。

上記のようにシンプルやリーズナブルなことで選ばれるのもちろん、その他にも機能性に優れているため、仕事をする場面で重宝するといわれています。

このように同じ商品が被ってしまったり、ユニクロの商品だと一目見て知られてしまうのは嫌だと思ってしまう人もいますが、ある意味でユニクロは世界展開も行っている有名なブランドですから、ポジティブに捉えることが必要です。

■アレンジをオリジナルにする

どうしても被ったりするのが嫌だという場合にはユニクロの商品が選べなくなってしまいます。

また、一部にはユニクロの商品を選んでも、他に違うメーカーの商品を取り入れるようにすれば他の人と被ってしまうようなことや、イメージとしてユニクロが強くなってしまうこともないでしょう。

ユニクロで販売されているインナーを上手に活用しながら、その他のアイテムは違うメーカーのものを選ぶようにしておけば、ユニクロ色が強くなってしまうことがありません。

特にアウターでユニクロの商品を選ぶと、被ってしまうことも多いのですが、これは職場に限った事ではなく、非常に多くの人がユニクロのアウターを持っていますので、仕方がないと思い割り切るしかないでしょう。

特に夏場は汗をどんどん逃してくれる素材で作られた商品や、冬場はヒートテックとは重宝するため、多くの人が購入します。

ユニクロの商品を身に付け街を歩いていても、被ってしまうことがありますが、やはりここで個性を生かしていくためには着回しと、いかに他のアイテムを上手に取り入れていくかになってくるので、小物を上手に使ったり、パンツをユニクロ以外のものにすること工夫をしながら、上手にユニバレやユニを極力避けるようにしていくのが得策です。