着回しのコツ

着回しを難しく考えない

おしゃれをして毎日の仕事ができるのはとても良いことであり、常にオシャレを忘れずにいられるので、特に女性には嬉しい職場と言えます。

しかしその一方で、どうしても仕事になると毎日のファッションを新鮮なものにするのは難しく、似たり寄ったりになってしまうこともあります。

何とか変化を加えたいと思っていても、時間がない朝に様々なファッションを考えるのは難しいので、最終的にはいつも同じような場所になってしまうことが考えられますが、こうした時にも役立つ着回しのコツを覚えておけば、新しいお洋服などを購入しなくても様々なデザインを楽しみながらファッションセンスがアピールできます。

まず着回しのコツとしては、小物を上手に取り入れていくという部分がとても重要になりますが、同じものを身につけていても合わせるベルトが違ったりするだけで、全く違った洋服に見えたりするものです。

その他ストールなどを組み合わせて雰囲気を変えてみるのも、着回しのコツといえるでしょう。

着回しのコツを考えてみた場合、全く違ったものに見えるようにと意識してしまう人もいますが、そうではなく同じものを着ていても違うものに見える着回し術を披露することができれば、それで着回し術はOK になります。
>>着回しに関するコツはコチラ

反対に考えてみると、どんなに沢山のデザインのお洋服などを持っていても上下の組み合わせが似たり寄ったりであれば、それだけで同じものを着ているようなイメージで捉えられてしまうので、いかに着用の仕方そのものを変えていくのかがキーポイントとなるでしょう。

そのため上記したような小物を取り入れたり、その他には同じアイテムでも、重ね着をすることによって、上手な着回し術となります。

重ね着をする際には上に羽織るものを変えるだけではなく、下に着込んでしまうのも一つの方法となり、そのほかには大きなビジューネックレスなどを組み合わせていくと違った印象になります。

着回しは着眼点がポイント

着回しのコツがわからずに、どうすれば上手に着回し術が覚えられるのかと悩んでいる場合には、まず一つのものを違ったものに見せようとするのではなく、その時の気分に合わせて色々なものを組み合わせてみましょう。

そうすることで自分でも考えるている段階では思いつかなかったような着回しを発見することがあります。

小物を利用する以外に、足元のオシャレも取り入れていくとさらに着回しが上手になり、同じ組み合わせの洋服でも、どこにポイントを持ってくるかによってイメージが変わるので、胸元にポイントを持ってくる着回しや自作ベースにポイントを持ってくる着回しなど、オリジナルの着回しのコツを自分なりに編み出してみましょう。

自分の中では同じものを着ているために、それだけで着回しが難しいものに思ってしまう部分がありますが、他人が見ていると完全に決まったファッションに見えているケースがよくあります。