オフィスカジュアル

ラフな中にも引き締めを忘れない

近年ではかしこまったブラウスやワイシャツではなく、カジュアルな服装で出社することができる会社が増えています。

こうした会社で働いている人たちはオフィスカジュアルについて詳しく知りたいと思っていたりする事があり、それぞれの世代に向けたアイテムが販売されるようになりました。

オフィスカジュアルは、あくまでもカジュアルすぎず清潔感のあるものが基準となっていて、露出の高いものや奇抜なカラーリングのものはあまり汚れません。

さらにカジュアルな中にも相手に不快感を与えないようなトータルバランスが考えられ、ワーキングシーンで体を動かしても着崩れてしまわないような商品ばかりとなっています。

オフィスカジュアルで大切なのは、やはりあくまでも職場ということを忘れてはなりませんからメリハリのあるファッションを選ぶことが大切になるでしょう。

カジュアルだからといって、スウェット素材のワンピースを着ていくようでは本当に仕事をするつもりがあるのかと疑われてしまうことがあります。

またオフィスカジュアルについての概念を疑われてしまう可能性があるので、上記したような節度を守りながらカジュアルを楽しむようにしましょう。

ポイントは清潔感

女性の場合には薄手のカーディガンなどでも十分にカジュアルに見えますしパンツスタイルでもスーツではなく、柔らかい素材のパンツなどを合わせることでカジュアルな中にも女性らしいフェミニンさを忘れないオフィスファッションが完成します。

さらに寒さ対策にはストールやカーディガンなどを使用しますが、寒さ対策に特化したカーディガンを選ぶのではなく、モモンガカーディガンなどを選ぶだけでもオフィスカジュアルになります。

しっかりカジュアルでありながらも、可愛らしいイメージや近寄りがたいと思わせないイメージのファッションが、オフィスカジュアルに向いていることを覚えておきましょう。

男性の場合にはパンツはデニムで良いですが、合わせるトップスに関しては堅苦しいワイシャツではなく、ポロシャツやチェックのネルシャツなどが選ばれています。

ただ、ネルシャツはボタンを全開にして着用しているとだらしのないイメージを与えてしまうこともありますので、ネルシャツをアウターに使用する場合には、インナーにタートルネックを取り入れるなど、どこかでバランスを引き締めるための工夫が必要になります。

また、マフラーやストールなどを取り入れることでカジュアルな中にも働く大人のイメージを取り入れることができます。