ネイリストに必要な資格やスキル

■目的に応じて資格を取得する

ネイリストは自分がどのように活躍していきたいのかによって取得する資格が変わってきます。

複数の資格がありますので、経営者として働いていきたいのか、ネイルサロンで従業員として働いていきたいのか等によっても取得する資格が変わってくるでしょう。

また資格の内容によって施術をする際の材料や施術方法に間違いがあります。

ネイリストとして働いていくには、必ずネイリストの資格を持っている必要がありますが、その他にもカラーリングに関する資格を持っていたり、その他系営業に関してのスキルを持っていたりすれば、自分でサロンをオープンする際にも重宝してくれます。

また近年ではネイルサロンでその他美容に関しての様々な施術を行っていることもあり、例えばネイリストとリフレクソロジーの資格を持っていたりすると、どちらの資格も役立てながら一つの店舗内でお客様に対するサービスを提供することができます。

■ニーズを考えながら働く

完全にネイリスト判断でネイルアートを施して欲しいというお客様もいれば、そうではなく自分の好みやこうして欲しいと言ったデザインの写真などを持ち込み、同じようにネイルアートをしてくださいと言うお客様もいますので、どのような希望にも応えられるようにスキルを磨いておかなくてはなりません。

そのためにネイリストとしての資格を取得した後でも定期的に練習を繰り返し、自分自身の技術がどんどん向上するように努力をしましょう。

ネイルなどをする間、お客様とは様々な話をすることになりますから、笑顔でコミュニケーションが取れることがとても大切です。

常に無言でネイルアートを施しているようでは、お客様がすぐに離れてしまうので楽しい会話をしながらお客様が求めているネイルアートができるように心がけましょう。

ネイリストとして最も上級の資格はサロン経営者として十分な知識と技術を持っているものになり、それまでの経験とその他、ネイリストに関しての資格をすべて取得しておく必要があります。

ネイリストの資格は在宅で勉強できるものもありますが、試験そのものは試験会場で受けるので、実技試験などを踏まえた上で専門学校に通う人がほとんどです。

人気があるのですぐに入校することは難しいかも知れませんが、申し込みをしておけば次期への入学などが可能なので、ネイリストを目指す際には、早めの申し込みをしておくようにしましょう。

またスクールによって必要な費用等が変わってくるので、こうした部分についても下調べをした上で選ぶと良いです。
扱っているコースも学校によって違うので、自分の求めるコースがある学校を重点的に探すようにしましょう。