ネイリストの仕事

幅広い知識とスキルが必要

ネイリストの一言で言っても様々な知識が必要になります。デザインだけで言えばカラーリング、ジェルネイル、ラインストーン、3Dアートと多岐に渡ります。
様々なニーズに応えるために技術の習得や新しいデザインのトレンドの勉強が大切になります。

すべての知識や技術を習得するには時間も経験も必要になります。オールラウンダーとして勉強する方法もありますが特定のスキルを高める方法もあります。
ネイルサロンによってはデザインの特徴があり来店される方のニーズも偏っている所も多いです。自分の得意な技術を活かせるサロンに勤める事もあります。

デザインの知識も必要ですが意外と大切なのがネイルケアの知識のスキルです。来店される方にネイルケアの方法を教えてあげることも大切です。
ネイルケアが大切な理由に衛生面でのケアが大切だからです。ネイルサロンに来ていただいて腫れてしまったりしては問題になってしまいます。

ネイルケアの知識は学校などで勉強する事ができますし、実際にサロンで勤めることで実務的なケアを習得する事ができます。
ネイルケアは衛生面でも大切ですがネイルケアがちゃんと出来ていないとカラーリングやジェルネイルにも影響が出てきます。
しっかりとベースが作れないとカラーリングもきれいにできません。出来上がりに大きな影響があるので、しっかりとしたケアの知識が大切になります。

ネイリストの1日

実際にネイリストとして仕事をするとどういった生活のリズムになるのでしょうか。ネイリストの勤務スケジュールはネイルサロンによって変わってきます。
小規模のネイルサロンであれば一人で色んなことをやる必要がでてきます。開業を考えているのであれば色んな勉強ができるのでメリットはあります。

ネイルサロンには低額で沢山の方にネイルを提供するタイプもあれば、一人のお客様に長い時間をかけてネイルをするサロンもあります。
サロンによって特徴がありますので自分にあったサロンを選ぶのが大切です。学校を卒業して最初のサロン選びは難しいかもしれませんが、まずは経験を積むことが大切です。

短い時間に沢山のお客様を相手にするサロンだと早番・遅番で出勤するタイプのサロンがあります。早番だと9時くらいから仕事が始まって18時くらいに仕事が終わります。
勤務時間も一般的な会社員と同じくらいの時間帯もあれば、朝早くから夜遅くまで出勤するパターンもあります。

仕事が終わっても自宅で自主練習が大切になります。反復練習で技術を磨いていきます。新しいカラーパターンやジェルネイルの知識など自分自身で勉強する事が大切です。
サロンによってはトレーニング環境が整っている所もありますが、基本的には自分自身で知識や技術を高めていく向上心がないと続けていくのは大変になります。