ネイリストの適性

ネイル好きが高じてネイリストになるケース

セルフネイルを趣味で楽しんでいた方が、そのままネイリストとして転職して本業にしている方がいらっしゃいます。
ネイリストで独立した方のエピソードなどをチェックすると元々は違う仕事をしていた方が独立をしてネイルサロンを経営している話があります。
結婚や子育てをきっかけにネイリストの試験を受けて自由な時間にネイルサロンで働く話もあります。

ネイリストになる方の多くはネイルに興味がありネイルが好きなことが理由でネイリストになる方が多いです。
男女の比率で見ると9割以上が女性であり男性でネイリストとして活動している方は少ないです。だからといって男性がネイリストになれない訳ではないです。

ネイリストは日ごろからトレンドのチェックや最新の技術などをチェックする必要があります。お客様のニーズに応えないといけませんしトレンドを提供するのも大切です。
新しい情報がどんどん出てきますので、こういったトレンドをチェックするにはネイルの事が好きでないと続けることができません。

趣味を仕事にすると幸せな状態になる方もいらっしゃれば逆にストレスになって趣味のレベルで止めておけば良かったと感じる人もいます。
お客様のニーズに応えて、相手が満足するネイルにすることが大切なので、第三者にネイルを楽しんでもらうことを喜びに感じる必要があります。

ネイリストは体力勝負?

ネイルが好きな気持ちが持続できればネイリストとして生活する事もできますし独立してネイルサロンを出すことも夢ではありません。
どんなに辛い状況になってもネイルが好きな気持ちがあれば仕事を続けることができます。

ネイルサロンの仕事は座って作業をするので見た目は地味な感じもしますが実は体力勝負な部分もあります。長時間集中してネイルをしますので精神的にも疲労があります。
体力勝負な所もあるので忙しい時に体力的も精神的にも乗りこえられるかも大切です。こういった部分は体育会系な面があります。

殆どが女性だけの職場なので女性だけの雰囲気に耐えられない方も続けるのが難しい可能性があります。
どんな仕事でもありますが職場環境に馴染めないで辞めてしまう方もいます。転職をすれば解決できるかもしれませんが女性だけの職場環境には慣れる必要はあります。

ネイリストはサービス業なので土日祝日の出勤はあります。会社員のように土日休みにはなりませんので生活のリズムが友人とはずれてしまいます。
スキルがある程度あってもお客様とのコミュニケーション能力も大切です。相手が満足してもらうネイルをするには相手の希望を汲み取るコミュニケーション能力が必要になります。
お客様のニーズに応えるには様々なスキルが必要になりますしカラーリングの知識も必要になります。